Skip to main content

日本IR成功のカギはMICE ~日本は世界屈指のゲーミング市場になる可能性を秘めている

INTERVIEW
ブレンダン・バスマン Global Market Advisors パートナー
9月4日、政府は統合型リゾート(IR)に関する基本方針案を開示した。そこでは改めて、国際的なMICEビジネスが展開されることがIR開設の意義であると説明されている。では、ゲーミング産業としてのインパクトはどの程度のものなのか、GMAのブレンダン・バスマン氏に聞いた。〔文中敬称略〕
by Tsuyoshi Tanaka(Amusement Japan)

Brendan D. Bussmann

──日本型IRは、IR整備法にもIR基本方針にも明記されているように、MICEビジネスの振興を大きな狙いに据え、非常に大規模なMICE施設を作ることを要求しています。
バスマン MICE(Meeting、Incentive tour、Convention・Conference、Exhibitionの頭文字。主要なビジネストラベルの形態)はラスベガスやシンガポールなどのデスティネーション(旅行目的地)にとって、今も成長促進要素のひとつであり続けています。日本は2020年のオリンピックの後も観光産業の成長を促進するためにMICE振興を必要としていますので、どのIRの開発おいてもMICEビジネスは重要な役割を果たします。大阪、横浜や東京などの大都市には、MICEの大規模開発をサポートし、既存の施設を補完する手段があります。ただし、地方都市に作られるIRにとっては、IR整備法で規定されているような大規模なMICE要件はチャレンジングな課題です。MICEビジネスは全国のどんな場所でも、経済を活性化させるドライバーとなり得ますが、IR整備法で要求されているような大規模なMICEビジネスを軌道に乗せるまでにはかなりの時間を要するでしょう。

──それだけ重要な要素になるということは、MICEのノウハウや実績は、IR事業者選定にも影響するのでは?
バスマン もちろん、MICEビジネスを理解しているIR事業者は、MICE施設をメインのデスティネーションにおいていない事業者より優位な立場にあります。日本がアジアの次の主要なMICEデスティネーションとして浮上するので、IR事業者はMICEの専門知識を持ち、かつ日本市場にカスタマイズする必要があります。日本に参入するIR事業者は、過去の成功実績にとどまらず、新しいイベントを誘致すると同時に、MICEビジネスを次のレベルに引き上げ優れたサービスを提供しなければなりません。

──もしMICEによって海外からビジネスツーリストを誘客できなかったら、カジノもじゅうぶんな収益を上げることはできないでしょう。カジノ収益に関しては、地域の住民に大きな期待をすべきでないと思います。
バスマン 日本のゲーミング市場は、世界の主要なデスティネーションのいずれかに匹敵する世界最大規模の市場になる可能性を秘めています。Global Market Advisors(GMA)は2017年に日本に関する白書をリリースしましたが、日本全国に6つのIRができた場合のゲーミング収益予想は合計約250億ドル(約2兆7千億円)となり、その34%が海外からのツーリストによるものると予測しました。大阪と横浜の2カ所に大型のIRが作られた場合は合計125億ドル(約1兆3500億円)で、25%が海外からのツーリストによるもの。ゲーミング収益の規模はIRができる場所によっても規定されますが、大規模な施設はより大きな売上を上げます。これは商圏人口もツーリスト来街者数も地方都市よりも多いからです。

プロフィール
Global Market Advisors(GMA)は、ゲーミング産業およびホスピタリティ産業の調査およびコンサルティングにおいて世界をリードするアメリカ企業で、ラスベガス、デンバー、バンコクにオフィスを持っている。Brendan Bussmannは、ホスピタリティ、ヘルスケア、エネルギー、高等教育、およびスポーツの分野での政府業務、コミュニケーション、およびビジネス開発の幅広いバックグラウンドを持つエグゼクティブ。8月27日に佐世保商工会議所・長崎マリンIR推進協議会が開催した地域企業向けセミナーに招聘され講師を務めた。

手軽なギャンブル・レジャーはカジノの影響を受けない

──つまり2年前の時点では、大阪と横浜の2カ所にIRが開業した場合、国内市場から約1兆円のゲーミング収益があると予測したのですね。それはパチンコ市場規模の約3分の1に相当します。
バスマン 我々の白書の後に成立したIR実施法では3つが上限となりましたし、予想していなかった日本居住者に6000円の入場料が課せられることになり、今では2年前の推計値は高めなものと言えます。ですが既存の公営ギャンブルやパチンコ産業の市場規模が示す通り、日本には巨大なゲーミング市場があるのです。IRのカジノには6000円の入場料が課されるために、IRの外側に位置する、既存のギャンブル市場の中の「手軽な遊び」の領域は依然として強固な市場であり続けるでしょう。地元の多くの人は、ちょっとした時間にギャンブルを遊ぶことを選んだとしても、6000円という入場料を払うことをためらうでしょう。重要なのは、カジノゲームとは、現在日本では提供されていない新しいエンターテインメントということです。いままでギャンブル・レジャーを遊んでいない日本居住者や、海外からやってくるツーリストの両方を惹きつけるのです。

──日本IRのギャンブル依存症対策についてはどうお考えですか?
バスマン 日本でも議論されているとおり、レスポンシブルギャンブリングは、IR開発において重要なものです。どこの国でも議論されてきた課題です。カジノに限らずギャンブリングの問題を引き起こす可能性があるあらゆる種目を包括することになるでしょう。ですので、公営ギャンブル、パチンコを含めたすべてのギャンブリング種目をまたいで、問題あるギャンブラーの入場規制、発見、研究、およびリソースのベストプラクティスを確立するために、エビデンスベースの研究をする必要があります。

profile
Global Market Advisors (GMA) is the world’s leading gaming and hospitality research and consulting firm. The company is well-regarded for its independence and quality of thought leadership. Brendan Bussmann is a seasoned executive that has an extensive background in government affairs, communications, and business developm


Comments

Ranking

大阪・夢洲IR RFCにMGM、ギャラクシー、ゲンティンが提案提出

人工島・夢洲での統合型リゾート(IR)開発の準備を進めるために大阪府・市が事業者に具体的な事業コンセプトの提案を募集した結果、MGMリゾーツ・インターナショナル(アメリカ)、ギャラクシー・エンターテインメント(香港)、ゲンティン・シンガポール(シンガポール)の3事業者がコンセプトを提出したと日本経済新聞が報じた。
事業コンセプト募集(Request for Concept、RFC)の名称は「(仮称)大阪・夢洲地区特定複合観光施設設置運営事業」で、4月24日に要項が公表され、5月24日までの受付期間内に、MGMリゾーツ・インターナショナル/オリックス株式会社、ゲンティン・シンガポール・リミテッド、ウィン・リゾーツ・リミテッド、メルコリゾーツ&エンターテインメント リミテッド、ラスベガス・サンズ・コーポレーションの他2社(名称非公表)の7社が参加登録していた。
横浜市が8月22日にIR誘致を発表した後、ラスベガス・サンズ、メルコリゾーツ&エンターテインメントの2社が大阪からの撤退を表明していた。
このRFCへの参加は、今後の大阪府市による「実施方針」策定後に実施される民間事業者の公募・選定(Request for Proposal、RFP)参加の条件ではないが、実質的にはRFP参加事業者は上記3社に絞られたと見られている。

[参照]
大阪府 「(仮称)大阪・夢洲地区特定複合観光施設設置運営事業」のコンセプト募集について

[関連]
メルコ 夢洲IR「事業構想公募」への参加中止 〔2019-09-18〕
千葉市 IRに関する情報提供の分析支援業務の入札募集開始〔2019-09-05〕
宮城県 IR誘致は未定 2020年3月の調査結果で判断〔2019-08-21〕
千葉市 IR(統合型リゾート)に関する情報提供依頼〔2019-08-17〕
和歌山県 IRシンポジウム開催 - 県民に和歌山IR構想を説明〔2019-08-26〕
佐世保 IR誘致に向け地域企業向けセミナー開催〔2019-08-27〕
横浜市 IR誘致を正式表明 ~カジノ事業者の関心は大阪から横浜へ〔2019-08-23〕
横浜市 IR誘致 今週にも表明か 2億6000万円の補正予算案を提出する方針〔2019-08-19〕
大阪府・市 夢洲IRの2024年開業目指しIR事業コンセプト募集〔2019-04-25〕

カジノ エグゼクティブが提言する人材政策 ~“UP or OUT”が企業を健全化する 

フランシスコ・ビダルアドミラル カジノ COO
Francisco Javier Vidal Caamaño
COO - Director of Operations ADMIRAL CASINOS SPAIN

カジノディーラーの多くは1、2年もするとたいていの種目のディーリングは覚えてしまい、そこから急速に知識の吸収量はフラット化し、同じ作業の繰り返しの中で、「飽き」が始まるのが現実。しかし空調が効いた空間、座り仕事、定期的な休憩時間と、恵まれた労働環境にあるため自ら辞める従業員は少ない。管理職ポストの登用に生え抜き優先主義を掲げるNOVOMATIC GROUPのフランシスコ・ビダルCOOは、この問題を乗り越えるために「Up or Out」制度の導入を提唱している。
アカデミックな視点からのIR産業の捉え方にも関心を寄せ、7月に東京を訪れたビダルCOOに聞いた。〔文中敬称略〕by Tsuyoshi Tanaka (Amusement Japan)

(プロフィール) アドミラル・カジノ・スペイン(NOVOMATIC GROUP)」のCOO、オペレーションディレクターとして、マーケティング、F&B、IT、HR、セキュリティー&サべーランス、会計監査、ゲーミングオペレーションの指揮を執る。
1994年にスペインのUSC(University of Santiago de Compostela)経済・経営学部卒業後、カジノディーラーとしてゲーミング業界のキャリアをスタート。ロンドン(Grosvernor Casino)、ラスベガス(Luxor Casino)で2年間勤務後、スペインのレジャー企業GROUP COMARに移りカジノフロアマネジャー、オペレーションマネジャーとして経験を積む。CRISAでオペレーションディレクターを務めた後、複数のカジノ企業を経て2019年1月から現職。この間、Pontifical Catholic UniversityでMBAを取得したほかネバダ大学リノ校ほか複数の大学のビジネスプロフラムを修了。 'Up or Out' system would make the company healthy.
──カジノ企業においては、ディーラーの「能力開発」をどう定義していますか? ディーリングのプロフェッショナルであればいい、という考え…

IR開業がもたらす経済波及効果  ~サプライヤーのビジネス機会

INTERVIEW
ナイル・マーレー マーレー インターナショナル代表
統合型リゾート(IR)の誕生が目の前に迫っている。IR設置は大きな経済波及効果が期待されるからこそ、地方自治体は誘致を目指している。どのIR事業者が選ばれようと、日本の事業者(サプライヤー)から膨大な量の製品・サービスを調達することになる。サプライヤーにとって大きなビジネスチャンスが生まれるのだ。IR誘致を推進している佐世保商工会議所でサプライヤー向けのセミナーを終えたコンサルタント、ナイル・マーレー氏に話を聞いた。〔文中敬称略〕 
text by Tsuyoshi Tanaka(Amusement Japan)

Niall Murray Chairman of Murray International Group
──今回の来日は、佐世保市や長崎県内の中小事業者向けのセミナーでしたね。IRが開業すれば、地域の事業者はサプライヤーとして大きなビジネスチャンスがあるわけですね。

マーレー マカオ、シンガポール、ラスベガスなどIRの導入に成功した国では、IRを、経済を刺激し、海外からの投資を引き寄せ、ビジネス旅行者および娯楽旅行者を増加させ、失業者を減らし、未開発の地域を活性化し、税収を引き上げる策であると見ています。日本もIRに同様の期待をしています。これは間違いありません。私自身がアメリカ、マカオをはじめ、数カ国で多くのプロジェクトに参加してきて、開業前と開業後の都市の変化を見てきました。

──日本ではIRの規模や地域への経済波及効果が具体的にイメージされていないかもしれません。

マーレー まず、IRの主要な特徴をご説明しますと、次の3つです。第1に、統合されていること。一流のカジノに、ホテル、F&B、MICE、小売店、ナイトライフ、スパ、レジャー、エンターテイメント、スポーツ施設、テーマパークが備わっています。第2に、幅広い客層への訴求。ゲーミング客とノンゲーミング客の両方へ。そして高額を消費するVIP層から、ビジネス旅行者、地元の人など幅広く集客します。第3に、大規模。施設そのものが非常に大規模であり、大きな先行投資を呼び込み、多くの観光客数を引き寄せ、税収、雇用創出の効果も非常に大きいのです。
IRは開発費が数十億ドル(数千億円)規模の大型リゾートです。世界の3大IRは、第1が「First Wo…